BUS三昧な日々に憧れて 73年型VW BUSを買ってからの山あり谷あり?の細々日記。

<<  2011年 1月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近の記事
ブログが新しくなりま…
04/19 22:23
気付けば車検切れに…
04/18 00:15
久しぶりに…
04/06 01:32
発生から10日…
03/22 00:09
大変なことです…
03/14 00:10
イーグルス 東京公演…
03/06 03:26
はやぶさにイーグルス…
03/05 15:24
ラパンで朝の散歩…
03/03 01:12
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 03:19
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:47
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 15:02
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 14:16
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:58
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 15:12
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:41
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:43
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:44
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:30
最近のトラックバック
檸檬…♂
11/12 00:58
チャーハン・・・♂
10/27 02:17
昔売った本を再び買う
09/21 00:14
VW BUS 60周…
09/21 00:10

栃木から群馬(四万温泉)へ…

前回の続きですが、次の目的地、群馬の四万温泉に向かいます。
那須から東北道を佐野辺りで降りて、桐生、伊勢崎経由で渋川入り。
那須辺りはかなりの吹雪でしたが、佐野辺りでは晴れ間が広がっていました。

四万温泉は、以前仕事でこの辺りを男2人でウロウロ(ロケハンともいいますが…)、その途中通った温泉街の雰囲気が良くて、一度泊まりたいと思っていました。(その時は高崎のビジネスホテル泊だったので…)

今回は、こじんまりとした昔ながらの温泉街にある、1691年(元禄4年)創業の湯治宿「積善館」という宿に、湯治プランという一番安いタイプで泊まりましたが、だいぶ前に嫁さん家の家族旅行で泊まった、渋温泉の「金具屋」と同じく、ここは山の斜面に沿って増築していった、なかなか複雑な構造の見応えある宿です。

しかしこの手の歴史のある渋い宿は、どうも年配の人にはただのボロ宿(失礼)にしか映らないようで、両親を連れて行ったりすると、どうも不興を買いますね…(笑)
たぶん、玄米をありがたがる今の人がわからないのと同じようなもんで…。
そういえば、ここ積善館も金具屋も「千と千尋の神隠し」の湯屋のヒントになったとか云われているようですが、確かにどちらもそんな雰囲気が随所にありますね…。

泊まったのは、一番旧く下にある湯治に使うような本館。その上に建っているのが、様式にも凝った風情もある山荘。一番上の山の上が一番新しくきれいな「佳松亭」の3層構造でその間を通路や階段、エレベータがつないでいます。
温泉は四カ所あってどこも、掃除の時間以外は24時間入れ、そのうち1カ所はなんと混浴なんですが…。
この日はスキーもしなかったのでひたすら温泉三昧でした。

翌朝は日の出とともに起き出して、山の上から下の温泉街まで散歩。
冷えた身体は温泉で暖まって、まだ寄りたいところがあるので早目に出発。なんでも嫁さんの実家で夜6時過ぎにはみんなで年越し蕎麦を食べたいとの事なんで…。
次は帰路、あと1回で終わる予定です…。


宿の入口に掛かる紅い橋から。上に見えるのが一段上の山荘。

部屋から見た入口の橋と川。

順番が逆ですが、宿に向かう温泉街の入口。

左右の建物と、この連絡通路?の雰囲気がいいです。

旅館よりかなりの急坂の上には、写真上側に写ってるよろず屋なんかがあったり。

この積善館も、川をまたぐ通路がありますが、今は従業員しか使ってナイようで残念。

泊まった一番安いタイプ、いかにも湯治にきた感じのお部屋です。
ダイヤル式の電話機に、こたつがあります。暖房は部屋に2カ所あったので意外でしたがポカポカです。

一番上の露天風呂に行くには、まずこのトンネルを通って、一段上の山荘へエレベーターへ。

途中は省略してますが、ようやくこの階段を上がると露天風呂が。
ちなみに子供向けに各風呂にスタンプラリーのポイントがあります。

明治時代の四万温泉の様子を描いた絵がありましたが、
すでにこの頃には、こんな山の中でも温泉街になってますね。

湯治プランのお弁当、冷たーいご飯を予想してましたが、
ご飯はほかほか、みそ汁も付くので意外に充分かも。
さすがに自炊の人は見かけませんでした。

この手の宿は思わぬところに急な階段があったりして、なかなか楽しめます。

一番上にある「佳松亭」。朝の散歩はここから外の道を下ります。

すぐ出た山道にも温泉街の提灯が点いてましたが、違和感が。

さらに下ると温泉街が見えてきます。

温泉街には、川べりに共同浴場があります。

横を流れる川が大きく曲がっています。

これは、自分では撮れないので宿のサイトから拝借した、元禄の湯の画像。
両脇には人の腰程の小さな隠し扉みたいなものがあり、開けると中には蒸し湯が。

ここは、中段の山荘にある、家族風呂。
貸し切りなので唯一写真が撮れました。

本館でも日帰り入浴には使うらしい客室。
廊下とは襖のみなんで、今は宿泊には使っていないようです。

その客室が並ぶ廊下。

本館から見上げた山荘。
右に見える通路は以前使っていたようですが、
今はトンネルとエレベータで上がります。

荷物の積み込みで玄関前で、ラパンと後ろが本館。
ちなみに本館は木造3階建てです。

橋が名物なのか、若い子達が記念写真を撮ってます。

このあと、上にある四万ダムと湖に向かいます。
ドライブ・旅行 | 投稿者 papabus 01:46 | コメント(6)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
四万温泉って、奥まったところにあるので、
風情が堪能出来る、ところですよねぇ。
(交通量も少ないし。
過去に自転車レースで、一回しか行った事ないんですが。笑)
投稿者 さわっち 2011/01/12 21:53
さわっちさん、そうですよね、大規模な温泉街にはない風情が味わえますねー。
確かに交通量は少ないですね、この先の奥四万湖でクルマは行き止まりですからね(フツーは)
投稿者 papabus 2011/01/12 22:13
相変わらずの家族サービスぶり 感服いたしました。
今年こそは見習い、がんばりまーす(^^)
投稿者 356 2011/01/14 20:47
356さん、旅行なら自分のお楽しみも織り交ぜてるので私も楽しめるのでいいですね。
投稿者 papabus 2011/01/15 09:40
いい温泉ですね~!!
一度行ってみたいです!
温泉に浸かることより建物に興味があるのでした。
投稿者 赤の’57 2011/01/15 17:12
赤の’57さん、温泉もよかったですよ!
とはいっても長湯は苦手なんですが…。
私も建物に興味があったので一人でカメラ片手にウロウロしてました。
投稿者 papabus 2011/01/16 00:03
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
ホビダス[趣味の総合サイト]