BUS三昧な日々に憧れて 73年型VW BUSを買ってからの山あり谷あり?の細々日記。

<<  2011年 4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
ブログが新しくなりま…
04/19 22:23
気付けば車検切れに…
04/18 00:15
久しぶりに…
04/06 01:32
発生から10日…
03/22 00:09
大変なことです…
03/14 00:10
イーグルス 東京公演…
03/06 03:26
はやぶさにイーグルス…
03/05 15:24
ラパンで朝の散歩…
03/03 01:12
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 03:19
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:47
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 15:02
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 14:16
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:58
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 15:12
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:41
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:43
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:44
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:30
最近のトラックバック
檸檬…♂
11/12 00:58
チャーハン・・・♂
10/27 02:17
昔売った本を再び買う
09/21 00:14
VW BUS 60周…
09/21 00:10

トラブルの後にはご褒美が…

嫁さんから電話で、ラパンの下に緑色の液体が溜まってる…
エイリアンでも轢いたのかと思ったとか…
年末辺りから少しずつお漏らしが怪しかった、ラジエーターがお亡くなりのようです。
原因はわかってるのですが…


これが、外したラパンのラジエーター、右上から漏れた跡が。

土曜の午後から、ラパンをガレージNOBさんに持っていき、廃車予定の旧いアルトからラジエターをもらい、取り替え作業をおこないました。
(追記)
アルト(98-04)のラジエーター(ホースはラパンよりやや小径)


BUSは自分でイジるのも、少しは慣れてはきましたが、現代車は殆どさわった事がありません…。
えーっと、ラジエターキャップの外し方は…なんて具合なんで、社長やNOBさん、常連さんの手も借りて、コアとファンはアルトのものを使い、エアコンのコンデンサは、配管外すのが面倒なのと、ラパンとは配管の位置・取り回しが違うので、ラパンのものを活かすという、ニコイチにする事にしました。
ところが、最後にラパンのホースをラジエターに付けようとしたら、簡単にスポッと入る…微妙に口径が違うんですね。これではいくらバンドで締めても漏れるのは確実です。

ここで途方に暮れたら日も暮れて、本日はタイムオーバー。
やはり簡単にはいきませんでしたねー。

翌日は寝坊したので、ややあわてて作業再開。
アルトのホースはキツイのですが、取り回しに無理があって触媒にヒット。無理すると中折れするのでこれもダメ。
結局、NOBさんの裏技でホースをなんとか止めることが出来ました。
液を補充してバンパー付けて終了したら、もう午後2時近く。お台場のニューイヤーミーティングは諦めましたが、
なんとか終わってひと安心です。

さてこの後はどうしようかと思案しましたが、遠出の時間もないので、漏れとファンの動作確認も兼ねて、内房は木更津辺りの海を見にいきました。
やや雲が多かったのですが、ホテル三日月やアクアラインにも近い、金田海岸(漁港)に着くと、その厚い雲の切れ間からのぞく夕日がなかなかドラマチックな光景でしばらく見とれてました…。
なんとなくご褒美をもらったような得した気分です。


ランドマークタワーが見える横浜方面と左奥には雲の間からは富士山もチラリと。

寒いせいか、漁港には私達以外に人影なし…

羽田に着陸する飛行機が並んで一緒に降りて行きます。

雲と靄の切れ間から黄金色の光が注いでいます。
雲ひとつない日よりも見応えあります。

アクアラインも黄金色に染まっています。

クルマや辺りの景色を赤く染めていきます。

刻々と赤味が増して、沈む寸前です。
ラパン | 投稿者 papabus 23:13 | コメント(6)| トラックバック(0)

夏休み…(後編というか残り)

前回は那須に着いた所で眠さに負けて終わったので、間が空いてしまって今更な感じですが残りを…。
那須に泊まった翌日、駐車場に出てみれば快晴!良かった…。
宿の近く(歩いてもすぐ)には御用邸があって、なんとも厳重な警備。
何でも道からちょっとでも入ったら、すぐに拡声器で注意、飛んできて呼び止められるようです。
当初の予定(希望)では、東武ワールドスクエアから日光へなんて思ってましたが、最初に寄った那須湯本と南ヶ丘牧場で思ったより時間を潰したので、遠回りは諦めてのんびり那須周辺を散策。
期間限定で開いているというニキ・ミュージアムにも寄りたかったのですが、ここは残念ながら時間切れ。帰路の東北道はかなりの渋滞のようなので、急いでもしかたないと、開き直って日帰り温泉へ。
日暮れまで那須にいたおかげで激しい渋滞をやり過ごして帰る事が出来ました。

少し早起きして、宿の廻りを散策。この辺りの雰囲気は、八ヶ岳の麓や軽井沢にも似て、
木漏れ日が差しこむ木立に沿って別荘や保養所がひっそりと散在しています。
駐車場に並ぶクルマを見るとレンタカーが多いです。確かに新幹線で那須まで来てレンタカーで廻るのは行き帰りの渋滞を考えると正解かも知れませんが、4人分の新幹線代+レンタカー代はキビシいなー…。


南ヶ丘牧場は、かなり混んでいたのと暑さにやられ、食事に並ぶ気にもならず、中で作っていたパンがおいしそうなので買って食べましたが、なかなかおいしかった。

園内に散在する建物は白壁の山荘風が多く、その廻りには松の木も目立ち独特の景観です。
大磯辺りにある別荘のようなイメージか…?

これは昔デパートの屋上にあったような(アンパンマンや仮面ライダーもあったかな)、
硬貨を入れるとガタガタと動く馬なんですが、木で出来ているのか端正な独特の質感とフォルムです。

遅い昼食で寄った道の駅で、限定の文字につられて食べた、那須牛の丼ぶり。
さしが細かく入った牛は美味かったのですが、やはり前日の宿のステーキの方が…。

湯本近くにある殺生石、かなり硫黄臭くて長時間はキツいです。

広い敷地にアジア系なお店が点在するマーケット。
上の子が寄りたがったのですが、前来た時は確かまだ幼稚園児で、ここで雪遊びをした記憶が…。

来たがった割には、どことなく漂うお香の匂いは苦手なようで…。

風呂から上がったら、ちょうど日が沈むところでした。
ラパン | 投稿者 papabus 02:41 | コメント(4)| トラックバック(0)

夏休み…(前編)

去年の夏は気合いを入れて、どーんと北海道に行きましたが、
今年はそんな時間もお金の余裕もないようでして…。
だいぶ前の出来事になってしまいましたが、
お客さんの休みに合わせて、お盆の土日に一日夏期休暇を足して、家族旅行にでかけました。
福島の猪苗代近くに1泊、那須に1泊。日程が割にタイトなのと日中の渋滞はBUSではつらそうなので、今回は我が家のなかでは快速マシンと呼ばれているラパンで…(苦笑)
私のやりたい事は、小野川湖のほとりで「キャンプ」、猪苗代湖で「湖水浴」、小野川湖で「カヌー」でしたが、実現したのは湖水浴のみ…。
キャンプは子供たちも好きな筈ですが、今回は早々に却下され、カヌーは宿で申し込んでいたのですが当日は朝から土砂降りの雨でキャンセル…。
それでも要所要所では晴天に恵まれ、子供たちには手漕ぎボートでも充分に楽しかったようなので、良しとしますか…。
まだ2日夏休みが残っていますが、しばらくは取れそうにないかな…。

往きは朝4時過ぎに自宅を出て、葛西経由で混みそうな東北道を避けて、常磐道で福島へ。
早い時間なのにクルマは多かったですが、渋滞にはハマらず、7時過ぎには最初の目的地「あぶくま洞」に到着。ここは子供のリクエストで急遽寄る事にしたのですが、洞窟は好きなので大歓迎です。
空く時間までヒマなので辺りをぶらぶらと。この写真はあぶくま洞の駐車場から見下ろした山々ですが雨と靄で何も見えず。

駐車場脇に聳え立つ岩山。上に何か祀ってあるようで、登れるようになっています。

岩山の上から見た駐車場、左は採掘で剥き出しの岩肌。

「あぶくま洞」はもともと石灰岩の採掘中に見つけた鍾乳洞のようで、
その採掘跡は140Mの高さがあり、この写真のような景観でそのまま残っています。
洞窟内は撮影禁止のため、写真無しですが高低差がかなりある洞内はなかなか見応えがありました。

その後、磐越道で猪苗代に着いた頃には、快晴に。
猪苗代湖で念願の湖水浴へ。

猪苗代湖には、湖水浴場という、海水浴場と同じように海の家に似たような施設も点在しています。

下は砂で波も穏やかなので泳ぎやすく、子供達もかなり気に入ったようです。

水は澄んでいてなかなか気持ちイイです。
泳ぎ終わってクルマに戻ったら、いきなりのどしゃ降りで間一髪危ないところでした。

雨の中、本日の宿がある五色沼近くの小野川湖を目指しますが、
建物とダリのコレクションが評判の諸橋近代美術館に立寄り。
私と下の子はクルマで留守番にしたのですが、ヒマなので写真撮って辺りをぶらつく。

宿の夕食に出た、口コミで評判だったステーキは想像以上に美味しかったです。
最近、トロトロの和牛やカルビの脂がやや苦手になってきた私にもちょうどいい感じ。

翌朝は朝から大雨…。近くの小野川湖での「カヌー」はキャンセルに。
観光地化されてない景色を堪能するつもりでしたが残念。
気を取り直して、福島と云えば桃を食べようと、近くのお店で4つ入りの桃を買ったら、おまけにぶつけてやや難ありという白桃を4つくれました…、このおまけでも充分に甘くてみずみずしくて美味しかった。

五色沼の一つは、手漕ぎボートが営業してるので、カヌーの代わりに乗る事に。
ここに来るのは学生時代のサークルの合宿以来なんで約30年ぶりです。なんて書いてビックリ、もう30年か…。

ここも湖はかなり青い色。

猪苗代まできたら、近いので喜多方ラーメンを食べに。
喜多方の街を走りながら直感頼みで、見つけたお店へ。

ラーメンはさっぱりめで美味かったです。
醤油と味噌は裏手にある醸造所のものだそうで、醤油をお土産に買いました。

喜多方から会津若松と裏側から那須に入る予定でしたが、
時間がないので磐越道から東北道で那須へ。
途中またしてもスコールのような大雨に見舞われましたが、
宿に着いたらほんのりと夕焼け空に…。
ラパン | 投稿者 papabus 00:45 | コメント(2)| トラックバック(0)

買物と夕焼け…

昨日は、夕方から近所へラパンで買物へ。
本屋で久しぶりに出た「レッツプレイVW’s 37号」を買って、ショッピングセンターへ向かったら、黄金色のキレイな夕焼けが…。
牛乳とか頼まれた日用品を買って駐車場に戻ると、濃さグッと増した夕焼けに。
洗車してないラパンもキレイに見える。
買物に出かけたお陰で夕焼けを堪能して、なんか得した気分です。


着いた時はまだ黄金色の夕焼け。


買物から戻ったら、すっかり濃くて赤みを増して…。
クルマの汚れも目立たない、ステキな夕焼けです。
ラパン | 投稿者 papabus 02:11 | コメント(2)| トラックバック(0)

ラパンその2

カテゴリーにラパンと作った割に更新ネタがなかったのですが、土曜に子供の送迎でラパンを使ったのでついでに(給油、洗車)して写真を撮りました。いつも汚いのでなかなか撮る機会がなくて。

このラパンのクールベージュメタリックという色はあまり人気がなかったようで、廃盤になってしまった色ですが、なかなか気に入っています。本当は同様に廃盤色の濃いめのグリーンメタリックが欲しかったのですがなかなか見つからないので第二希望のこの色に落ち着きました。
5月のMCでラパンモードもターボが付いてちょっと羨ましいです。今うちにあるクルマは2台とも「パワー的には癒し系」?です。街を流すのはBUSの方が楽しくて、高速はラパンの方がラクチンです。



ワゴンRより小柄に見えますが、小柄な我が家には必要十分な広さ。


インパネの雰囲気は気に入っています。アナログ時計も付いてます。
ラパン | 投稿者 papabus 03:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

もう一台の相棒ラパン。

うちは今までクルマはいろいろ乗換えはしたものの、
「一台」でやりくりしてきました。
お金があって嫁さんが許してくれれば、
「何十台」でも欲しいクルマはありますが・・・。
しかし、今回はBUS購入後に嫁さんが日常的に使うには無理かなという事で、
嫁さんが主に使う「もう一台」を探す事になりました。
そこでどうせならお世話になってる「スズキの軽自動車」の中から「ラパンモード」の中古を購入しました。
スズキの中でも「ラパン」は発売時から縁のある馴染みの深い、個人的にもお気に入りなクルマです。
全体の雰囲気や立ち気味で平面的なフロントウィンドーの辺りは、
結構気に入っています。

ラパン | 投稿者 papabus 02:26 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]