BUS三昧な日々に憧れて 73年型VW BUSを買ってからの山あり谷あり?の細々日記。

<<  2008年 8月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
ブログが新しくなりま…
04/19 22:23
気付けば車検切れに…
04/18 00:15
久しぶりに…
04/06 01:32
発生から10日…
03/22 00:09
大変なことです…
03/14 00:10
イーグルス 東京公演…
03/06 03:26
はやぶさにイーグルス…
03/05 15:24
ラパンで朝の散歩…
03/03 01:12
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 03:19
お●ぬこの中のヒダ…
ジェームズ 05/12 02:47
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 15:02
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 14:16
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:58
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 15:12
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:41
ヴィクトリアマイル …
ヴィクトリアマイル 05/03 14:43
空前の大ブームを巻き…
ワンピースチェッカー 05/02 14:44
出会い専門のSNSサ…
SNSサイト 04/28 15:30
最近のトラックバック
檸檬…♂
11/12 00:58
チャーハン・・・♂
10/27 02:17
昔売った本を再び買う
09/21 00:14
VW BUS 60周…
09/21 00:10

ヒビだらけなので交換。

これも前回の窓に続いて7月の作業なのですが、stVWs Vol.62やショップさんの記事でも良く見かけるので、前から気になっていたステアリングギヤボックス ラバーカップリングの劣化、
奥の方なんで見た事無かったのですが、ライトで照らしながら覗いたら案の定、ラバーがひび割れてます。嫌な予感的中です。他の車種や今時のクルマは判りませんが、空冷VWの場合、ステアリングを廻すとシャフト(上)から、このラバーを介して互い違いのボルトで(下)ギヤボックスのシャフトに繋がっています、素人考えではダイレクトに繋がってラバーでショックを吸収しても良さそうなものですが、何故かそうなってます。
なので、このラバーがちぎれると多分、操舵不能になる筈です。考えただけでも充分怖いので早速、ラバーカップリングをFLAT4に買いに行きました。このラバーは色々種類があるようで、質も値段もかなりの差があるようです。
ちなみに買ったのは、ラバーに補強が入った中くらいの値段のものです。
止めているボルトとナットもかなりサビサビ、ラバー換えてもボルトが折れたら意味ないので新調しました。これはFLAT4さんには扱いがなくて、Readybugさんで入手。
記事を読んでいるとボルト4本だけで脱着出来る筈なので、家で一人で出来そうなんですが、何せ大事な部分なのでいつものクルマ屋さんで作業させて貰うことに。作業は簡単な筈だったのですが、やはり簡単にはいきませんでした。
まずナットは固着もなく緩むのですが(ある意味固着してる方が安心かも)室内側ステアリングシャフトのカバー下部につく、ドーム状のカバーとボルトのクリアランスが小さくて抜く事が出来ません。手伝ってもらったり、散々苦闘した挙げ句、クルマ屋のNOBさんの助言で、室内側からステアリングシャフトやカバーを外し、外側(下側)もギヤボックスのシャフトに挿しこんである、ロアーフランジも外しました。こんな大仕事になるとは思わなかった。
何とかラバーも取り替えて最後、大事な部分、ロアーフランジをギヤボックスのシャフトに嵌めたのですが、
ここは自分で締めてもどうも信用できなので(笑)プロにチェックがてら締めてもらい、助言どおりに後日ここのナットをダブルナットにしました。
念のために作業を終えて近くを試走、前よりダイレクト感が増して、幾らか操舵も軽くなりました。
が問題がひとつ、カバーに繋がる配線を繋ぎ忘れて、大きくステアリングを切るとホーンがブーっと鳴る始末。
これは抜くは簡単ですが、入れるのは見えないので手探りで何とか繋ぎました。
秋田行きの際もフランジのボルト&ナットは途中でも何回か覗き込んで緩んでないかチェックしましたが問題無しでした。

これはReadybugさんに買いに行った時、FLEXオートにあったカルマンギア。
誰か買い手がついていれば100台ミーティングに参加出来るかな。

左がラバーカップリング(補強入り)で右が固定用のボルト&ナットのセット。
上に写っているstVWs Vol.62ではステアリングギヤボックス廻りの交換が特集されています。

外す際に引っ掛る室内側から見た丸いカバー。これがまたシャフトカバーから簡単には外れない。

仕方なく外したステアリング廻り、この状態で室内側で交換。

ステアリングシャフトを外し、室内側から見たステアリングギヤボックス。

交換した、旧ラバーカップリング。ヒビだらけです。

交換後、下側から覗いた新ラバーカップリング。
マニュアルによってはフランジ側とラバー側でボルトを上下互い違いに固定してるの見ましたが、
ウチのは4本とも上から差しこんでいました。

VWメンテ記録等 | 投稿者 papabus 00:07 | コメント(2)| トラックバック(0)

換気窓、無事付きました。

以前、ベントウィンドーを手に入れ、錆び取りやピンの修復した事を書きましたが、夏本番には何とか間に合わせようと、7月後半の休日にいつもお世話になるクルマ屋さんで窓の取り替え作業を行いました。
まずはベントウィンドーのフレームにゴムシールを付けたのですが、噂通りに大変でした。このシール、内側と外側が一体になってるので内側から嵌めていったのですが、堅いはキツいはオマケに余る。
フレームの天地に対してシールが3cm位長いのです、つめながら嵌め直しても余る。仕方ないのでここは切って詰めました。
これに対して外側は緩くてフレームに密着しません。ここも仕方ないので緩い箇所をゴム用ボンドでフレームに接着。
ここまでで、もう指は痛くなり汗ダク、ここは家でも出来たので前もって着けておくべきでした、甘く見てました。
次はガレージのノブさんが付いてる窓を外すためにシールに切り込みを入れて行きます、ここでは私は外れた窓を持つだけ。
外した後の窓枠は予想通り、錆びていたので教えて貰いながらベルトサンダーでガリガリ削ります、すごいパワーで気持ち良く削れますが、案の定、ピンホールが何個か空きました。ここはPOR15をたっぷり塗って穴も塞いで終了。
新しい窓の取付けは、やはりノブさんにやって貰い私は支えるのみです。先にベントウィンドー、次に残りの窓をシールの溝に紐を入れ引き抜きながら窓枠に嵌めていきますが、私が押さえながら見てる間に手品のようにするすると入っていきます、さすがプロです。無事装着も終わり念願の後席にも風が入るようになりました。

入れ替え前、固定の長い1枚ガラス。見た目はこれも好きなのですが。

窓ガラスを外した所。このまま走れば最高の開放感です(笑)

やはり出て来た、錆とピンホール。

無事付いたベントウィンドー。

換気もバッチリ、雨漏りも今のところ無しです。

室内側から。
VWメンテ記録等 | 投稿者 papabus 02:08 | コメント(4)| トラックバック(0)

夏休み(2)

今回の旅行はできるだけのんびりとしたいと思い、あちこち出掛けずに親戚の家でくつろぎ、村内を歩いたり田んぼを見にいったりして過ごしました。とはいっても村内をクルマで見て回っただけで走行距離は100キロを超えましたが。
子供達は従兄弟と普段会う機会も少ないので家の周りで遊ぶだけでも充分楽しかったようです。私も子供の頃、田舎の親戚やおばあさんの家で過ごしたような気分を満喫した夏休みを過ごせました。

ここは、よくコメントをいただくsawacchiさんにはお馴染みの、ソーラースポーツラインというソーラーカーレースのコースです。

ソーラースポーツラインの起点では「バイカーズフェスティバル」というイベントが行われていました。

大潟村の博物館に展示してあるソーラーカー。

家の近くにある公園ですが、小山があり冬はソリで遊ぶためのものらしいです。

ビニールハウスに案内してもらったのですが、米の苗を育て終わると空いた期間に他の作物を育てるようです。このトマト甘くて旨かった。

メロンも生育中でしたが、私はメロン苦手です。

朝早く田んぼに行くと稲や草に朝露がびっしり付いてきらきらと綺麗です。

大潟村の外周を流れる運河(正式名わかりません)

この辺は日本海に夕日が沈むとの事で見に行きます。
この景色、アメリカの田舎道でも走っている気分になります。

村から10分程度で日が沈む前に海に到着。何もない海岸線にはひと気も車もなし。

間に合った日本海に沈む夕日。真っ暗になる前に帰らないと道に迷いそう。

クルマぬきで一枚。刻々と色合いを変えながら沈んで行きます。
日記 | 投稿者 papabus 01:37 | コメント(8)| トラックバック(0)

夏休み(1)

ここ数年、まともに夏休みを取る事ができず、予定が立たない私は、家族の計画から戦力外通告をされる始末。
なので今年こそはまっとうな夏休みを満喫しようと、仕事関係の調整に根回しと最後は強引に、休みを取り秋田の親類の家へ遊びに行ってきました。
嫁や子供からはラパンの方が燃費もいいし、エアコン効くよ、と言われましたが聞こえないフリ(寝るのはラクだぞと独り言)
秋田への往復は夜中に走って、ETC割引を使いつつ渋滞も暑さも避ける作戦で、狙い道り夜中の高速は渋滞も無く、涼しく快適でした。

那須高原SAで眠さに負けて仮眠。起きたら明るくなってました(まだ那須なのに)
ここで小トラブル、コイルに繋がる配線がぐらぐらで外れそうなので触ったらポロリと。端子持っていて良かった。

目的地の大潟村に入るも居住区はまだ先、周りは一面田んぼでのんびり走ると気持ちいいのですが、
見飽きた景色など関係ないのでしょう、地元の人は飛ばします。

大潟村は干拓地で、左が干拓前。右は干拓後。
昭和39年頃から全国より営農希望者が入植して現在に至るようです。

田んぼの真ん中の道から。

経緯度交会点にむかう直線のダート。3km位続きますが、重機のキャタピラで固められてすごい振動と砂埃。

同じ道の途中で、ポツポツと建っている小屋は、居住区と田んぼがかなり離れているので重機や作業用具が入っているらしい。

近くにある五里合という海水浴場、こじんまりとして水がキレイでした。
人混みとは無縁ですが、隣りの宮沢はメジャーなので混むらしいです。

いとこもたまにしか会えないので、はしゃいでます。

男鹿の真山にあるなまはげ館。なまはげ体験がこの小屋の中で楽しめます。

隣りのなまはげ館に飾ってある、よく見る?イメージするタイプのなまはげ。

なまはげには、時代や作った人によってさまざまな種類があるようです。
日記 | 投稿者 papabus 13:10 | コメント(4)| トラックバック(0)

史上最長?の夏休みのために頑張る。

昨日夏休みのメインイベントである秋田の親類の家から帰ってきました。久しぶりの投稿です。
休み前の出張やバタバタからそのまま休みに突入したので、いつもコメントを入れてくださる方のブログも会社や親類の家でチラ見するも、なかなかコメント入れる事が出来なくて(気になる話題が一杯なのに、旧い記事にコメントって、何か入れにくいですよね。)※自分のブログへいただいたコメントには携帯からもコメント出来るようにしています。
今回の夏休みは、自営の頃は除くと勤め人になってから初めての長期休暇のはず、携帯電話のお陰で何とか仕事の連絡もやりくりして、既に折り返しの後半戦です。

今日は休み前に出張で出掛けた岐阜と名古屋のレポートを。
今回は新しいお客さんとの打合せで、岐阜羽島に朝10時という事で自宅から朝イチで向かっても間に合わないので、前日仕事が終わってから名古屋に前泊。
夜も遅かったので名古屋の夜は満喫出来ず、コンビニで買った夜食で我慢です。
Gmundさんにもお会いしたかったのですが、急に決まったため都合が合いませんでした、残念です。
時間があれば「養老天命反転地」にも行って見たかった。
翌日、午前中には打合せも終わり、夕方には会社に戻り仕事の続きを。
新幹線で出張もラクになりましたが、確実にお楽しみは減りました。


新幹線ホームから見た名古屋の太閤通口側(でいいのかな?)
泊まったホテルはビックカメラの裏手で予備校が多く、
夜になると風俗店も目に付きます。

太閤通口側から見た新幹線ホームとJRセントラルタワーズ

朝はせめて一つぐらい名古屋を味わいたくて、地下にあるコメダ珈琲店でモーニング。

初めて降りた岐阜羽島駅。鵜飼いで有名な長良川が近くにある筈ですが行けませんでした。

名鉄も走ってます、乗りたかった。

駅のロータリー、「せんいの街」と書いてあります。

時間がなくて帰りは名古屋駅、新幹線ホームにある「きしめん」を立ち食いで。
よくある「立ち食いそば」も名古屋では「きしめん」でした。

会社に帰ったら窓の外には神宮の花火が上がり仕事をする気がなくなりました。残念ながら前に建つビルが邪魔です。
日記 | 投稿者 papabus 02:11 | コメント(6)| トラックバック(1)

会社は遠くても海には近い。

今住んでいる所に越して来てから13年目になりますが、ここに来るまでには10代後半から一人暮らしをしていたので、東京大田区、横浜、相模原、埼玉辺りを転々としてきました。この場所を選んだ理由は、1.伊豆に住む両親を引き取るために環境が似ている所。2.都内に通える。3.海に近い。
この条件で最初は千葉の外房辺りを探したのですが、都内に通うのが厳しい物件が多いので(海に近い程、駅から遠い)少し条件を変えて、外房と内房の中間に位置する今の場所に決めました。
結果としては、畑に囲まれ空が広い、開放感がある。近所にショッピングセンターは沢山あるのでクルマがあれば買い物は困らない。うれしい誤算は、雪が積もるので雪景色が楽しめる(伊豆は住んでいた十数年間一度も雪景色は見れなかった)。いいクルマ屋さんが近所に有った(これは偶然ですね)。
と前置きが長くなりましたが、海に近い割に今シーズンは、私のBUSいじりや子供の都合でなかなか海に行けなくて、家族からは大顰蹙。なのでようやく今年の夏初めての海に、泳ぎに行ってきました。
良く行く場所はメジャーな白里と白子に挟まれて地味なせいか、渋滞もなく海も割に空いていて気に入ってます。しかし今日は無防備に日焼けしたので初めて晒したお腹(体の中で一番標高が高いので仕方ない)や背中が真っ赤です。
週末は会社からは近いのに、やはり中々行けない「LE GARAGE」に寄って、Gmundさんがブログで教えてくれたグッズをやっと購入、可愛いです。


風のせいか波はやや高く荒れていました。
BUSで行きたかったのですが、暑いので家族から却下されました。

荒れてる割に水は綺麗でした。

朝早起きしたら、子供が育ててる朝顔が花開いてました。

LE GARAGE店頭、久しぶりなので展示が大分変わってました。

このペダルカー、売約済みでした。(幾らするんだろう?)

ボールペンにデフォルメされた可愛いアーリーバスが付いてます。

後ろから。チョップドルーフのような低さ。

ペンから外した所。一応プルバックカーです。

この日は会社から綺麗な夕焼けが見えたので一枚。
日記 | 投稿者 papabus 01:24 | コメント(4)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]